テクノロジー

  • Home
  • 吉利(ジーリー)汽車などが自動運転タクシーの運営へ提携事業開始

吉利(ジーリー)汽車などが自動運転タクシーの運営へ提携事業開始lock

自動運転を手掛けるスタートアップ企業の小馬智行(シャオマージーシン)は9月22日、配車サービスの曹操出行や自動車メーカー・吉利汽車の自動運転開発センターと事業提…

水素エネルギーの利用進む中国 200兆円規模の産業形成へ

北京で9月18日、2022世界エネルギー転換フォーラムの一環として水素に関するセッションが行われた。 このところ世界各国で水素の利用を拡大する策が打ち出され、競…

世界AIイノベーション指数、米中2か国がトップを形成

中国科学技術情報研究所が発表した「2021世界人工知能イノベーション指数報告」によると、AIについて米中両国がリードしており、主要国が激しい競争を展開している。…

世界人工知能大会で防疫用ロボットが続々登場

2022世界人工知能大会の初日、ビッグデータや意思決定システムをベースとし、複数のAI関連特許を備えた防疫用のロボットが相次ぎ披露された。 この中で、咽頭ぬぐい…

中国、技術力不足で水素ビジネス進まず 基幹部品が輸入頼み

北京市の経済・情報化局は、燃料電池車の普及に向けて水素ステーションの建設へ補助金を支給するなど、水素ビジネスの発展に関する取り組み20件を掲げた「水素産業発展を…

世界ロボット大会2022において、外科手術用ロボットが登場

世界ロボット大会2022において、医療従事者の両手を解放するインテリジェント咽頭スワブ検体採取ロボット、5G遠隔脳神経外科手術ロボット、消防士の命を守る消火ロボ…

人型ロボットが2年後に家庭へ?清華大学研究員「あくまでもビジョン」lock

このほど北京で行われた「2022世界ロボット大会」で、清華大学自動化学科の趙明国研究員が、ロボットの家庭への導入時期や、ロボットメーカーの人材育成および現段階で…

中国初、フルタイプの燃料電池車が間もなくデビュー

中国の自動車メーカー・東風汽車は、中国初となる燃料電池の乗用車「東風氢舟」を近々発売予定と発表した。 東風は中国でも早期に燃料電池車の技術開発を手掛け、電池の技…

バイドゥの無人タクシー「蘿蔔快跑」が事故、死傷者なし

数日前、あるブロガーがバイドゥ(百度)の無人タクシー「蘿蔔快跑」が巻き込まれた交通事故の写真をネット上に公開した。写真には、蘿蔔快跑の後部が衝突されて車輪が外れ…

中国、2隻目の国産クルーズ船建設を開始 産業全体の成長も期待

中国船舶集団の子会社である上海外高橋造船は8月8日午前、2隻目となる国産のクルーズ船(H1509船)の建設を始めた。造船業がクルーズ船の設計や建設における中心的…